高齢者の見守りに


▲クリックすると拡大されます

DFA( Detrended Fluctuation Analysis )と呼ばれるゆらぎ解析手法により、歩行周期のゆらぎを解析すると右のようなグラフが得られます。
横軸は歩数、縦軸はゆらぎの大きさを両対数グラフにプロットしたものです。

標準的な解析受託サービスにこのグラフの提供は含まれていません。

※このグラフは事例紹介であり、パーキンソン病患者の投薬指導に関して弊社が効果をお約束するものではありません。